Blog

大麻消費イリノイ

合法化のおかげ? マリファナの使用がアメリカの社会人の間で増 … Apr 15, 2019 · 医療検査サービス大手「クエスト・ダイアグノスティクス(Quest Diagnostics)」の研究によると、アメリカでは社会人の間でマリファナの使用が増えている。2014年から16%増加したという。社会人の薬物全般の使用も、ここ14年で最 アメリカのマリファナ情報 « 大麻堂ブログ 11月に医療目的で大麻を購入した患者は5万4500人未満だったが、州議会が依頼した調査によると、今後イリノイ州に住む21歳以上の成人の9%以上に当たる94万6000人弱が大麻を消費するようになると予 …

2017年4月27日 アメリカ中西部にあるイリノイ州の、北側に位置するシカゴ。街の東側には、五大湖のひとつであるミシガン湖が広がる。ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ第 

2019年4月15日 ほかにも、ニュージャージー州やニューヨーク州、イリノイ州など、より多くの 人がマリファナ依存なのか、ただ検査の数週間前のどこかの時点で消費した 

イリノイ州でマリファナを合法化する法案が5月31日金曜日の下院での投票に成功し、州知事の署名を待つのみとなりました。下院で66対47の投票で可決したこの法律は、21歳以上の個人が認可された小売業者から大麻を購入し、所有、消費することを可能にします。

全米9州で11月8日、大麻(マリファナ)に使用を合法化する住民投票が行われた。「大麻」とは植物そのものであり、それを乾燥させ、吸引用にしたものをマリファナという。大麻の全面合法化を問うたのが、メーン州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州 イリノイ州議会、嗜好大麻法案を可決。 | 日本医療大麻協会 イリノイ州は、州議会で5月31日大麻取締税法を可決し、嗜好大麻を合法化した米国で11番目の州になる。同法案はPritzker知事に送付された。同知事は知事選で嗜好大麻の合法化を訴え、署名を約束している 日本でも売買できる大麻関連株16銘柄 - Cannabistock.JP 07/16/2018 (10/03/2019 追記) 現在Marijuanaindex.comに登録されている大麻関連株だけでも364銘柄あるのだが、今後市場が拡大するに連れてOTCからNASDAQやNYSEに株式上場する会社も出てくるだろう。 では現在、日本のネット証券で取引できる大麻関連株はあるのだろうか?

イリノイ州では2020年1月1日から大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。一方,日本では大麻取締法において,大麻の所持・譲渡(購入を含む)等について違法とされ,処罰の対象となってい …

2019年8月24日 にかかった患者が死亡したと中西部イリノイ州保健当局が23日、発表した。 加熱して蒸気を吸う仕組みで、大麻関連の成分が入っている製品もある。 2019年4月15日 ほかにも、ニュージャージー州やニューヨーク州、イリノイ州など、より多くの 人がマリファナ依存なのか、ただ検査の数週間前のどこかの時点で消費した  シカゴ イリノイ発 今週開催された米国臨床腫瘍学会学術集会2016で発表された調査 化するために世論を十分に動かし、そして、消費者が安全で有用で手頃な高品質の