News

アメリカの大麻合法化

2019年12月18日 デイブ・クラビル氏と2人のビジネスパートナーは、小規模ながらヘンプ(産業用大麻)の栽培を始めた。アメリカで再び合法化されたマリファナ品種を2種類、  N.Y.チャイナタウンのディーラーと密会. アメリカへのドラッグの流入ルートは、まずメキシコのティファナやアメリカ南部・西部の国境エリアから密輸され、サンディエゴから  ? アメリカ. 国全土でマリファナ(大麻)を合法化するのは、  2019年8月6日 中国政府は、西洋での大麻の合法化を恐れています。中国は、国内外で産業用大麻や医療大麻を大量に生産しているのに、なぜ心配する必要があるの 

日本ではまだ「薬物」のイメージが強いマリファナ(大麻)。先進国で容認傾向が強まっています。 州ごとにマリファナ政策が異なるアメリカですが、すでに合法化した州の様子 

米国アイダホ州では、隣接するワシントンン州が大麻合法化されて以降、アルコール関連 大麻(マリファナ)を合法化するアメリカの州が増えるにつれて、成人の使用者数も 

2019年12月14日 イリノイ州では2020年1月1日から大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。

2019年12月14日 イリノイ州では2020年1月1日から大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。 2019年7月6日 ちなみに、アメリカでは連邦政府レベルとしては、大麻(マリファナ)は医療用・ 例えば、アメリカ・オレゴン州ポートランドでは2016年にマリファナが合法化  2019年6月17日 合法大麻産業業界は2019年の時点で、米国で21万人もの正社員を生み出している 合法大麻産業は現在、アメリカ国内で一番雇用を生む業界だ。 コロラド州とワシントン州は2014年に大麻が合法化され販売を開始したが、大麻業界の 

2019年7月30日 NY州、合法化を目指すも実現せず近年、大麻(マリファナ)は医療用に限らず嗜好用も世界的に合法化の流れが進んでいる。 アメリカも例にもれず、連…

2019年11月15日 アメリカで急速に進んだ大麻合法化。さまざまなリスクを回避するため、大麻の売買を行えるのは認可を受けた店舗のみ、となっています。一方、連邦政府  2020年1月10日 だがその一方、現在では多くの国が大麻の合法化に踏み切っている。アメリカのハフィントン・ポストは、世界における合法的な大麻市場は急速に拡大して  2019年12月18日 デイブ・クラビル氏と2人のビジネスパートナーは、小規模ながらヘンプ(産業用大麻)の栽培を始めた。アメリカで再び合法化されたマリファナ品種を2種類、  N.Y.チャイナタウンのディーラーと密会. アメリカへのドラッグの流入ルートは、まずメキシコのティファナやアメリカ南部・西部の国境エリアから密輸され、サンディエゴから  ? アメリカ. 国全土でマリファナ(大麻)を合法化するのは、  2019年8月6日 中国政府は、西洋での大麻の合法化を恐れています。中国は、国内外で産業用大麻や医療大麻を大量に生産しているのに、なぜ心配する必要があるの  大麻(たいま、cannabis)は、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナとも。 カナダでは医療大麻は2001年に合法化され、医療大麻の市場規模は年間約8,000万カナダドルとなっている。嗜好品として アメリカ大陸のスペイン領やイギリス領でも大麻の栽培は行われ、特にメキシコでは大麻使用が大衆化した。 日本の『